松下皮フ形成外科のオリジナル二重埋没法

手術でまぶたをひっくり返さない

他院で埋没を受け、当院にて再手術をされる方や、インターネットで色々な情報を検索して来院された方、皆様がオドロキと嬉しさを言っていただけます。それほど安全・安心なオリジナルの埋没法を行っております。

眼球を傷つけない

他院で埋没を受けた場合、まぶたの裏側に埋没用の糸を通すので手術後に糸が原因で眼球を傷つけてしまうということがありますが、当院のオリジナル埋没法であれば、この問題はありません。

眼がチクチク・ゴロゴロとしない

他院で埋没を受けた場合、まぶたの裏側に糸の結び目を残したり、まぶたの裏側に糸を通したりするので、手術後に目がチクチク、ゴロゴロするといった違和感を感じることがあると聞きますが、当院の方法であればこういったことはまず起こりません。

3点でしっかりと止めるのでキレイで自然な二重が形成されます

他院で埋没を受けた場合、1点止めや2点止めなど少ない箇所で止めたりしますが、当院の方法は3点で止めるので目尻から目頭までキレイでしっかりとした二重のラインを形成することが出来ます。仕上がりはとても自然なため、手術後もまわりのひとから不審に思われることはありません。

二重にする方法には埋没法と切開法があります。特に埋没法による二重形成は美容外科の手術でもかなり多く行われており、手術法も数多くあるためクリニック選びも難しいところです。

しかしながら、何よりも重要なことは

一般の二重埋没法による手術法は針糸を通す方法が結膜(まぶたの裏の粘膜)から糸を通す方法を行っており、以下の合併症を起こすことがあります。

■まれに糸が埋まらずに角膜(眼球の表面)を傷つける
■瞼板に通した場合、瞼板が変形、炎症を起こす
■目がチクチクして、違和感がする

当院では針糸を表側の皮膚から通す方法なので、眼球表面を傷つけず、瞼板を変形させない眼に優しい術式です。
また、手術後の腫れもできるだけ少なく自然なラインを作ることができます。
もし、糸を抜きたいという時にも容易に抜糸できるシンプルな方法です。

針糸を表側の皮膚から通す方法なので、眼球表面を傷つけず、瞼板を変形させない眼に優しい術式です。

当院での手術法の特徴

安全で、施術直後のむくみも比較的少なく仕上がりも自然になります
カウンセリング、デザインにはしっかり時間を取ります
まぶたの裏に糸を通すことがないのでチクチクすることはありません
外側からも糸を通していき、3点を使って線状に縫いこんでいくのでラインが目尻から目頭まできれいに出てきます。

症例1 一重まぶたを平行型二重まぶたへ

症例2 二重の幅を広く

症例3 たるみを取りたい

1. デザインは大変重要です。ここに一番時間をかけ刺入点をマークします。
2. 点眼麻酔と皮膚の表側から局所麻酔をします。
3. 手術中は角膜保護板(眼球を守る器具)を挿入します。
4. マークしたポイントに針穴をあけ糸を通します。
5. 両側終了し、起きた状態でラインを 確認していただき終了です。
6. 手術後は局所を冷やしてからご帰宅となります

1:刺入点は3~4日で目立たなくなり、内出血は5~10日ほどで吸収されますのでその間はファンデーションなどでカバーしてください。
2:洗顔、メイクは翌日から可能ですが、強くこすらないように注意してください。
3:コンタクトレンズの装着は当日から可能ですが、当日はできればカモフラージュの眼鏡をご持参ください。
4:術後1週間はお酒、サウナ、激しい運動はお控えください。
5:二重が取れてしまう一番の原因はまぶたを強くこすることです。メイクの際、強い刺激を与えないように注意してください。

片側:54,000円 両側:86,400円 二重切開モニターの方:108,000円

費用においてはよく永久保証とうたっているところもありますが、現実的には費用を再度とられることもあるようです。
当院では3か月以内で薄くなった場合は材料費5400円という形で再手術を行っています。
また、埋没法は2回から3回までは良いかもしれませんがあまり頻回に行うことはお勧めしていません。この場合は、切開法をお勧めします。
埋没法後、1年以内であれば差額での手術とし、経済的な負担を軽減させていただきます。

眼瞼下垂症とは

眼瞼下垂は、「眼瞼」が「下垂」している状態のことを指し、生まれたときから片方のまぶただけがしっかりと開かない先天性眼瞼下垂がよく知られていますが、現在は長時間のパソコンなどによる目の酷使や女性のメイク、またはアトピーなどから後天性の眼瞼下垂も非常に増加している病気のひとつです。
手術による改善が可能で、手術後には肩こりや頭痛が解消されたというご感想を持たれる方も多くいらっしゃいます。

松下皮フ形成外科 院長:松下 博明

1995年東京医科大学を卒業し、同大学の形成外科学教室入局 同大学病院で2年間の臨床研修(消化器外科・乳腺外科・麻酔科・救命救急センター)
1997年東京医科大学形成外科
1998年立正佼成会附属佼成病院形成外科1999年東京医科大学形成外科
2000年東京医科大学八王子医療センター形成外科 東京医科大学形成外科
2002年船橋市立医療センター形成外科医院 兼救命救急センター医長
2003年東京医科大学形成外科
2004年東京医科大学形成外科医局長2005年都内の美容外科勤務
2007年都内の医療法人の美容・形成外科クリニック、院長
2012年11月12日松下皮フ形成外科開設

日本形成外科学会認定専門医
日本形成外科学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本美容医療協会
豊島区医師会

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

■お問合せ内容   
■お名前 姓    名 
(例)山田 太郎
■お名前(かな) 姓    名 
(例)やまだ たろう
■お電話番号
■メールアドレス
確認のためもう一度入力してください。

ドメイン指定受信を設定されている方は、下記ドメインからの
メールを受信できるように設定をお願いいたします。
@matsu-hifu-keiseigeka.com
■お問い合わせ内容